診療予約

診療時間
 
午前
午後 ○※

午前:9:00-12:00/午後:14:30-18:30
月曜・水曜午後の診療は14:00-17:00となります。
※土曜午後:13:00-16:00の診療です
休診:日曜、祝日
※睡眠時無呼吸外来は従来通りの診療時間となります。

アクセス

〒335-0023 埼玉県戸田市本町4-2-1
TEL:048-441-3773

永尾医院

・JR埼京線 戸田公園 東口より徒歩5分

Facebook
病院検索ホスピタ 永尾医院掲載ぺージ

花粉症外来

花粉症とは?

花粉症外来スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ、鼻水などのアレルギー症状を起こす病気です。

季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。現在、日本人の約25%が花粉症といわれ、症状は原因となる花粉の飛ぶ時期にだけ出てきます。

初期の対策が有効に症状を緩和させますので。是非、早めに対策をしましょう。

花粉症の症状

  • 鼻:くしゃみ、鼻水、鼻づまり
  • 目:かゆみ、涙、充血
  • その他:のどのかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じ、など

上記以外に、シラカンバ、ハンノキ、イネ科花粉症などの人が、ある果物や野菜を食べると口の中がかゆくなり腫れたりする「口腔アレルギー症候群」もあります。

原因

■症状のしくみ

  1. 体の中に花粉という異物(アレルゲン)が侵入すると、「IgE抗体」を作って異物を結合させ体内から排除しようと働きます。
  2. IgE抗体は鼻や目の粘膜の肥満細胞の表面にあります。
  3. 異物と結合すると肥満細胞から化学物質(ヒスタミン)が分泌され、くしゃみや鼻水、涙で花粉を対外に排出しようとしたり、鼻づまりで花粉を中にいれないようにしたりと防御機能が働くのが症状のしくみです。

■主なアレルゲン

スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカンバなどで、約70%がスギ花粉症であると推察されています。

■花粉症増加の原因

  1. スギ花粉の増加→戦後に大量植林されたスギが開花適齢期を迎え、さらに地球温暖化の影響を受けて飛散量が増加。
  2. 排気ガス・大気汚染→排気ガス等により汚染された大気中の微粒子が抗体を産生しやすくしている。
  3. 食生活の変化と不規則な生活リズム→高タンパク、高脂肪の食生活や不規則な生活リズム、ストレス過多がアレルギーを発症しやすくしている。
  4. 住環境の変化→通気性の少ないダニやカビの温床を作りやすい住宅環境がアレルギーを発症しやすくしている。

花粉症の検査法と診断

花粉症と正しく診断する方法には、アレルギー検査として血液検査と皮膚検査があります。

  • 血液検査:血液内の好酸球、IgE抗体、花粉に反応するIgE抗体を調べる。血液検査により、どの花粉が原因かも特定。
  • 皮膚検査:花粉の成分で皮膚を少しひっかいて反応を見るスクラッチテスト、微量のアレルゲンを皮内に注射して反応を調べる皮内テストがあります。

花粉症の治療

■くしゃみ、鼻水、のどのかゆみなど

抗ヒスタミン薬を毎日きちんと飲むことで症状が抑えられます。

■鼻づまり

完全に鼻がつまってしまうと症状が改善するまでに時間がかかるため、早めに医師の処方を受けることが必要。 ・抗ヒスタミンだけでは症状が改善しにくいため、最近では抗ロイトコトリエン薬など鼻づまりに効果的な薬が登場。 ・重症の鼻づまりには鼻噴霧用ステロイド薬が有効です。

■目のかゆみ

症状の頻度で2番目に多く(日本眼科アレルギー研究会調べ)、かゆみの他、ごろごろする、瞼の皮膚が荒れてかゆいなどの場合もある。 アレルギー用点眼薬を本格的な飛散の前から毎日使用することで軽減できます。

【日常生活の注意点】

■外出時にはできるだけ花粉を体に付けないようにしましょう

  • つばのある帽子を被る。
  • マスクを着用する。
  • 帰宅時には帽子やコートに付いた花粉を玄関先で落とす。

■室内対策

  • 空気清浄機より加湿器が有効(鼻の内側の粘膜を守り、空気中の花粉を床に落とす効果が期待できる。

■生活習慣

  • 食事は1日3食バランス良く食べて体の抵抗力を高める。
  • お酒は症状を悪化させる可能性があるので控える方がよい。
  • ぬるめの湯にゆっくり入ると鼻づまりの改善効果があり、鼻腔、のど、目の粘膜の修復に役立ちます。
  • 精神的ストレスが強いと花粉症の症状が重くなる。薬を正しく飲みぐっすり眠る、リラックスした生活を送ることで症状改善につながります。

■その他

  • 目の対策には、レンズ上端にひさし状の覆いがある花粉対策用の眼鏡が効果的。
  • コンタクトレンズの装着時などに使う人工涙液で目を洗う。
  • 目のかゆみが治まるまで冷やしたタオルなどを目にあてる。

埼玉県の花粉飛散情報を見てみる

戸田公園駅近くの循環器専門医が診察する内科・循環器科・糖尿病内科・小児科クリニック