診療予約

診療時間
 
午前
午後 ○※

午前:9:00-12:00/午後:14:30-18:30
月曜・水曜午後の診療は14:00-17:00となります。
※土曜午後:13:00-16:00の診療です
休診:日曜、祝日
※睡眠時無呼吸外来は従来通りの診療時間となります。

アクセス

〒335-0023 埼玉県戸田市本町4-2-1
TEL:048-441-3773

永尾医院

・JR埼京線 戸田公園 東口より徒歩5分

Facebook
病院検索ホスピタ 永尾医院掲載ぺージ

睡眠時無呼吸外来

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群あなたは「いびきがうるさい」と言われたことがありませんか?
また、身近に「いびきがうるさい」方がいませんか?

日本人では、約2000万人がいびきをかいていると言われています。いびきには、深酒をした時や風邪で鼻の通りが悪くなっている時に起こる問題のないものと、何らかの原因でいびきが慢性化して心身に様々な影響を与えるものがあります。
その1つが、睡眠時無呼吸症候群です。

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome : SAS サス)とは、眠っている間に呼吸が止まる(無呼吸になる)病気です。
無呼吸とは10秒以上の呼吸停止と定義され、この無呼吸が1時間に 5回以上または7時間の睡眠中に30回以上ある方は睡眠時無呼吸症候群と診断されます。この無呼吸が続くことで体に負荷がかかり、生活習慣病や昼間に眠気に襲われるなど、日常生活に支障が出ることもあります。

睡眠時無呼吸症候群の症状

  • いびき(大きく激しいものが多い)
  • 昼間の眠気
  • 起床時の頭痛
  • 不眠症や中途覚醒
  • インポテンツ(ED)
  • 夜間のトイレ回数が多い

など

睡眠時無呼吸症候群の治療

睡眠時無呼吸症候群の治療には、「生活習慣改善」と「内科的治療」「外科的治療」「歯科装具」などがあります。睡眠時無呼吸症候群では肥満による上部気道への過剰な脂肪沈着とも関連があるため、生活習慣の改善がかかせません。

生活習慣の改善

生活習慣を見直します。生活習慣病の治療と同様、運動療法やアルコールの制限を行います。

  • 減量:肥満は首周りにも脂肪が沈着しているため、気道を閉塞させます。食事療法、運動療法を実施し減量を試みます。減量することにより無呼吸が少なくなったり無くなる方もいます。減量が成功した方は、気を緩めず維持するようにしましょう。
  • アルコール制限:アルコールの摂取は、気道の筋力を低下させる作用があるためよくありません。就寝前の飲酒はやめましょう。
  • 禁煙:アルコール同様、血液中の酸素の濃度を低下させたり、咽喉頭部の炎症を起こすことがあり、悪影響があります。できるだけ禁煙をしましょう。

歯科装具

SAS専用のマウスピースを作成します。
一般的に上あごと下あごが固定したマウスピースを患者さんにあわせて作成します。その際、下あごを上あごより前に固定することで気道の面積を広げ、呼吸の停止を予防します。2004年度から健康保険が適応になりました。

戸田公園駅近くの循環器専門医が診察する内科・循環器科・糖尿病内科・小児科クリニック